どうすればスムーズに移行できるか考えよう

現在使っているシステムを移行させる。いわゆるマイグレーションに関しては必要ではないという意見を持っている人たちもいるかもしれませんが、強行に反対するべきでもないでしょう。
慣れているシステムをずっと使い続けるというのは楽かもしれませんが、だからといって同じ状況に胡座を掻いてしてまっていると、新しい技術に追いつけないまま仕事をするハメになりますよ。

技術者が必須

データの移行くらいならば簡単にできるものかもしれませんが、システム自体を移行させるというのは熟練の技術者が必須になってくるので、まずは人材の確保をきちんとしましょう。
新しく採用をする時でもマイグレーションを行うことができるのかをきちんとチェックして、可能そうな人材ならば迷うことなく迎え入れておけばもしもの時にも安心して託せるはずです。

基本的には変わらない

全く新しいシステムになってしまうと操作も不安になってしまうかもしれませんが、マイグレーションに成功したのならば特に違和感もなく進めていけるのがメリットだと言えるでしょう。
ただ、デメリットとしてやはり細部では異なってくる点もあるので、気付かずに仕事を続けているとうっかりミスに繋がるという心配もあるので、切り替えた当初は緊張感を持たなくてはいけません。

早さを重視しすぎると

せっかく移行するんだったらできるだけ早くして欲しい。ということを考えてしまうかもしれませんが、元々あるものを尊重するマイグレーションは慎重に行う必要があると理解しましょう。
とにかく急がせてしまっているとエンジニアにも焦りが出てきてしまって、重要なところで失敗してしまう危険性もありますし、できることならば長い目で移行の推移を見守ってください。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です