マイグレーションにはお金も時間も掛かる

マイグレーションを行わざるを得ないほどの古いシステムということになると、開発に関わった人間が全員退職してしまっていたり、仕様書を読んでも何が何だか分からないかもしれません。
そのような状況でスキルが足りていないエンジニアに丸投げしてしまうと、バグが出てきたとしてもうまく解決することもできずに膨大な時間が掛かってしまうので注意しておきましょう。

スケジュールを組んでも

これくらいの期間があれば終わるはずだ…。という風にしてスケジュール調整をしていたとしても古いシステムからの移行ということになると、予期できない事態もたくさん出てきます。
その度に仕様書を確認してみるものの、イマイチよく分からないので手探りの状態で進めていき、また行き詰まる…。ということを繰り返してしまっていると時間ばかりが掛かってしまうでしょう。

予算の枠内では収まらずに

完璧に行えるというフリーのエンジニアに依頼すると高めになってしまうから、どうにかして社員だけで完結させよう。なんて考えてしまっていると結果として高くつくかもしれません。
致命的なバグが発生した時なんかには、熟練したエンジニアがいると即座に解決してくれるかもしれませんが、まだスキルが充分でない場合は事態を悪化させてしまう可能性もあるからです。

最悪の場合を想定して

もしも、マイグレーションに失敗してしまったとするのならば、お金や時間を損するだけではなく現在行っている仕事もストップせざるを得なくなるかもしれないので、準備は万全にしておきましょう。
悪いイメージばかり想像するのも良くありませんが、もしもここで止まってしまったら大きな損害が出る。それを回避するためには何が必要か…。という風に考えるのは大事ですよ。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です