マイグレーションのためのチームが必須に

システムをそのまま移行するというのは簡単なようにも思えるかもしれませんが、プログラム言語を書き換えたり、正常に動作するか確認したり…。とかなりの手間が掛かってしまいます。
今後の仕事を効率的に行おうと思っているのならば、絶対にきちんとしておくべきではあるのですが、マイグレーションに掛ける予算をケチってしまっていると問題が発生しがちです。

チーム編成を行おう

システムを構築する時にはきちんとしたプロジェクトチームが一丸となって動いていくはずです。それと同じようにマイグレーション専門のチームというものも発足させる必要があるでしょう。
エンジニア数が絶対的に不足しているという会社が無理して移行をしようとしてしまった時は、別で行っていた案件が一旦ストップするという可能性もあるので時期は見極めなければいけません。

外部から呼ぶ時も

どうしても自社のメンバーだけでは不安が残ってしまう…。という時は失敗した時のリスクを考えて、外部から腕の良いエンジニアを助っ人的に参加させるというのも一つの手になります。
また、経験者が不足しているというのならば外からの人間であったとしても一時的にプロジェクトリーダーに据えて邁進させていくぐらいの気持ちがなければ成功は難しいものになるでしょう。

うまく機能させよう

エンジニアとはいっても人間同士になるのでチームワークはやはり必要不可欠になります。人間関係が悪化してしまっているとマイグレーション作業にも遅れが出てくるという懸念があるでしょう。
仕事は仕事として割り切れるような人間でなければ、徒に足並みを乱してくることも考えられるので、どのような人材に依頼するかということはしっかりと考えた上で決めましょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です