失敗した時のリスクが大きすぎるのが難点

マイグレーションを一番良い方法で実現させようと思っているのならば、手法の選択が非常に重要になってくるのですが、システムをきちんと理解できていなければ難しいと言えるでしょう。
手っ取り早いのは開発した人から色々と話を聞くことなのですが、古いシステムになってくると既に退社済みの人間によって構築されていた。という可能性もありますし悩みどころです。

手法を間違えると

もしも間違った手法でマイグレーションを完了させてしまっていると、結果として生産性の向上に繋がっていない…。という不満も出てくるかもしれませんし、そうなると本末転倒だと言えるでしょう。
ただ、何が一番良いのかということを相談せずに独断で決めさせてしまったというのならば、それも問題になってくるので、選択をする時には必ずチーム一丸となって決めてみてください。

失敗しないためには

どうしても自社だけでは移行を成功させる自信がない…。というのならば、マイグレーションを専門に行ってくれるような会社に業務委託をするというのも一つの手になるのではないでしょうか。
あんまりコストを掛けたくない…。なんて考えてしまっているかもしれませんが、確実に移行を成功させてくれるというのならば多少のお金を払ったとしても惜しいなんて思わないはずです。

きちんとしたところを選ぼう

フリーランスのエンジニアや専門の会社に委託するというのならば、本当に実力があるのかをしっかりと確認しておかなくてはいけません。なんとなくで決めてしまっては後悔しますよ。
やはり、これまでの実績を見せて貰うのが一番手っ取り早いとも言えますし、どのような仕事をしてきたのかをしっかりと開示してもらって、ビジネスパートナーとして足る存在かを見極めましょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です