現場の人間が新しい環境に馴染めるか

全く新しいシステムを構築するのだとすると現場の人間が馴染むのにも時間が掛かってしまいますが、その点マイグレーションならばベースは以前と同じものなので安心できるでしょう。
ただ、きちんとテストを行った上で完了させていないと、小さな誤差が大きなミスに繋がってしまうとも予想されてしまうので、移行が終わる度に詳細なテストを試みなければいけません。

油断してしまっていると

基本的には同じようなものだから大丈夫だろう…。なんて安心している時に、過去の帳簿データを閲覧していると明らかに不具合が発見されてしまったら修正にかなりの時間を要します。
既にマイグレーションが完了したと知らされていたのだとするのならば、専任のエンジニアがまだ会社に在籍しているかは分かりませんし、修正のためのチームが必要にこともあるでしょう。

現場レベルで考えよう

普段からあまりシステム開発や移行に携わっていない人だと、マイグレーションなんてデータを移行させるだけだろう…。なんて考えているかもしれませんが、それは大きな誤解になります。
システムが若干でも変更になっているというのならば、その度に正常に動作するかを厳しくチェックしなければいけませんし、かなりの労力が必要になる行為だと充分理解しておきましょう。

急ではないにしても

移行に関してどれくらいの予算が必要になるか…。というような見積もりに於いて正確な数字を出すのは非常に難しいとも言われているので、ある程度は大まかな数字で我慢してください。
色々と考えるべきことはあるかもしれませんが、一番大事なのは行うことの意味はあるのか、現場レベルで不満が出ることはないのか。ということにもなってくるので気を付けましょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です